目視外飛行について

  • 篠島 夏の終わり
  • 佐久島 秋の始まり
  • 茶臼山の紅葉
  • 伊良湖の夜間撮影
  • 刈谷市の夜景
  • 刈谷市の雪景色
  • 新幹線 安城にて
  • 四谷の千枚田

目視外で無人航空機を飛行させることは、「航空法」によって禁止されており、国土交通省、ないし地方航空局の承認なしに飛行を行うことは違法です。

目視外飛行の検挙例は、改正航空法後、なかなかありませんでした。しかし、平成29年3月24日に書類送検される例が実際に生まれました。 また、目視外飛行の承認には十時間以上の飛行訓練が必要となりますが、練習の為とはいえ、屋外で無人航空機を目視外飛行させることは出来ません。

そうした中、ドローンパイロットスクールでは、その目視外飛行に対応した飛行訓練を実施しております。

目視外飛行訓練について

目視外飛行訓練では、目視を行わず、尚且つ室内(屋外の場合ならバッティングセンターのように全体をネットなどで覆う)で訓練を行うことが求められます。 そういった面からも、目視外飛行訓練の際には広い場所が必要となります。
目視外の飛行訓練に対応しております。 また、機体を目視せずにプロパー接続の画面を見て飛行させる状況では、事故が起こり易いからこそ、訓練補助者付きで、訓練を効率的、効果的に行う為にも、その空間を訓練者一人で使用することが求められます。 ドローンパイロットスクールでは、その条件に合った環境を用意し、効果的に目視外飛行訓練が行うことが出来ます。バッテリーパックについても、連続飛行を行う為の準備があり、気兼ねなく訓練を行って頂けます。

機体の持ち込みに対応

目視外飛行の訓練に際してもお客様の機体を持ち込んで訓練が可能です。

飛行許可承認申請の際、必要となるのは「その機体」でどれだけ訓練を行ったかという、履歴です。例えば、「Phnatom4」で「目視外飛行」の承認を得ようとした場合、 「Phantom3」で目視外の飛行訓練を行っても、その訓練履歴は「Phantom4」の申請には使用できません。 「Phantom4」で夜間飛行の許可を得たい場合、あくまで「Phantom4」で訓練を積む必要があります。

ドローンパイロットスクールでは、JR駅から徒歩五分の場所に立地しており、お客様の機体の持ち込みに対応しております(機体を弊社に予め発送頂くことも可能です。)。 使い慣れた機種で、目的としている飛行の訓練を行うことが出来ます。

また、「Phantom4」のみならず、「Inspire2」といった最新機種の訓練にも対応しており、実際に「Inspire2」で、全国の範囲で一年の期間にわたり、 「DID地区上空の飛行」「接近飛行」「夜間飛行」「目視外飛行」の許可承認を得ています。

目視外飛行のための訓練が行える施設

目視外飛行訓練のための施設は、ただ目視外ということではありません。その中で、航空局の標準マニュアルに記載された内容を確実に行えるようになる必要があります。 ドローンの夜間飛行訓練を屋外で行うこと航空法違反となります。訓練のためには専用施設が必要です。 ただ飛行記録を稼ぐために、目視外飛行の中でじっとしていては訓練にはなりません。目視外飛行という機体をロストし易い状況で、如何に機体を操るかということが訓練では求められます。

また、飛行訓練中に第三者の立ち入りは厳禁です。つまりは広い空間を一人、ないし関係者と存分に使い訓練を行うことが重要となります。

ドローンパイロットスクールでは、その条件に合った訓練施設を用意しているため、効果的に目視外飛行訓練が行うことが出来ます。 バッテリーパックにも連続飛行を行うだけの準備があり、気兼ねなく訓練を行って頂けます。

料金に関して

目視外飛行訓練(機体:Phantom4 日数:二日)

10時間の訓練+バッテリーパック貸し出し+申請書作成サポート 150,000円(+税)昼食付

*ご希望の訓練日数や、機体によって料金は変わって参ります。早朝からご来社頂ける場合、一日で訓練を終了することも可能です。