ドローンスクールの夜間飛行講習

ドローンで撮影する夜景には、特別な価値があります。

CMや映画、ドラマやプロモーションビデオなどで視聴者を魅了する力があり、セスナや小型ヘリ等を用いてしか撮影することの出来なかった夜景が、ドローンの登場によって身近なものとなりました。

実際に今もニュース等で日常的に使用され、花火などの映像を上空で収める他、2017年にはドローンカメラマンが有名な音楽フェスで「夜間飛行」を行って撮影した写真が、SNSで多くの反響を呼びました。

しかし、日没後にドローンを飛行させる夜間飛行は「航空法」によって禁止されています。夜間飛行を行うためには国土交通省や地方航空局に対して申請を行い、 許可承認を得る必要があります。また、申請を行うためには所定の訓練実績を積む必要があります。ドローンスクールでは夜間飛行の講習を行っております。

夜間飛行の訓練について

ドローンを購入して夜間飛行の申請を望まれる方は多く存在しますが、夜間飛行の訓練を行える場所がないことが、申請までの一つの壁となっています。 ドローンの夜間飛行訓練は、その都度許可を得て行うか、専用施設内で行う必要があります。 夜間飛行の承認を得るためには、マニュアルに則た方法で訓練を行う必要があります。しかし、訓練の為とはいえ屋外で夜間飛行を行うことは禁止されており、訓練の度に地方航空局に申請を行って訓練を行うか、専用施設内での訓練が求められます。

施設内での夜間飛行訓練では夜間とほぼ同一の状況を作り出し、そこで訓練を行うこととなります。夜間と同一の状況とはすなわち、GPS補正の無い状況で、自立制御を切った状態です。

自立制御のない状態ではドローンは移動に対して慣性の法則が働き、同一箇所でホバリングすることなく、流れていきます。つまり、事故が起こりやすい状況です。

そういった事情があるからこそ、訓練を安全に行う為には広い場所で訓練を行うことが重要となってきます。

夜景撮影のための訓練が行える施設

夜間飛行訓練のための施設は、ただ暗ければ良いということではありません。その中で、航空局の標準マニュアルに記載された内容を確実に行えるようになる必要があります。 ドローンの夜間飛行訓練を屋外で行うこと航空法違反となります。訓練のためには専用施設が必要です。 ただ飛行記録を稼ぐために、暗闇の中でじっとしていては訓練にはなりません。夜間飛行という機体をロストし易い状況で、如何に機体を操るかということが訓練では求められます。

また、飛行訓練中に第三者の立ち入りは厳禁です。つまりは広い空間を一人、ないし関係者と存分に使い訓練を行うことが重要となります。

ドローンパイロットスクールでは、その条件に合った訓練施設を用意しているため、効果的に夜間飛行訓練が行うことが出来ます。 バッテリーパックにも連続飛行を行うだけの準備があり、気兼ねなく訓練を行って頂けます。

夜間撮影講習内容・料金について

受講内容 時間
夜間飛行に関する解説 60分
航空局標準マニュアルの解説 60分
飛行訓練 600分
許可申請サポート 60分
承認後の注意点の解説 40分
総講習時間:二日間(13.5時間)
訓練価格:170,000円(税抜き)昼食付

講習は原則9時開始とさせていただきます
宿泊が必要となる場合は事前にご相談ください。
お得な宿泊プランもご用意しております。